読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父さんが突然走りはじめた

突然走りはじめたお父さんが初フルマラソンでサブ3.5を達成。サブスリーを目指して走り続ける。

docomoのiPhone5s 2年経過時のMNP出口戦略 その2 ドコモショップで相談編

今日は仕事帰りにドコモショップに行ってきました。
目的はふたつあります。
①妻名義の契約の名義変更
②更新月の節約計画の相談
 
①についてはIIJのファミリーシェアプランを申し込むためには名義を同一にする必要があるためです。
(しかしdocomoの妙なルールのため、出直すこととなってしまいました。その顛末です。)

 

名義変更の内容は「妻名義の契約を夫名義にする」です。

そして夫(私)一人でドコモショップへ訪問しました。
その前提で名義変更のために用意するものは3点です。
・夫の免許証(原本)
→新たな契約者であり受任者です。
・委任状
→妻が夫に名義変更を委任するという内容です。
・妻の身分証の写し
→委任者の身分証はコピーで大丈夫。
・(クレジット支払いであれば)クレジットカード
支払うカードが変わらなくても必要とのことです。
 
3点すべてそろえ窓口で手続きを始めました。
店員さんもはきはきとして非常に好感の持てる女性でした。
 
えい「妻から自分に名義変更したいです。」
 
店員「わかりました。書類もそろっているので問題ありません。」
 
えい「じゃあお願いします。」
 
店員「奥様はドコモメールは使っていますか?」
 
えい「(確かgmail送れない友達がいるって言ってたな)少し使ってると思います。」
 
店員「名義変更すると今までのドコモメールはすべて消えてしまいますがよろしいですか?」
 
えい「は?(そんなの聞いたことない。)なんでですか?」
 
店員「そういう決まりなんです。ちなみに奥様がいらっしゃれば消えません。」
 
えい「(ますます意味わからない。。。)とりあえず今日は名義変更やめときます。」
 
なんだかよくわかりませんが、受任者だけで手続きをするとドコモメールは消えるルールだそうです。
誰得なルールですが、おとなしく引き下がることとしました。
 
気を取り直して②について店員さんにお聞きしました。
前回の記事でも書いたように、2月で月々サポートがなくなるため、3月分は約3,000円増、4月になるとさらに1,000円増額されてしまいます。そてパケホーダイは日割りになりません。1日に解約しても31日に解約しても満額請求されます。
4月にMNP予定とはいえ、この2ヶ月間で2回線分1万円以上搾取されるのは我慢なりません。
 
そこでGoogle先生に聞いたところ発見したのが、Xiパケホーダイ for iPhoneを3月末で外してしまう案。
これなら4月はタイプXiにねんの764円で済みます。4月に入るとパケット通信は使用できませんが、4月1日の金曜日仕事帰りか2日の土曜日朝一にMNPしてしまえば費用は最小限で済みます。
ただしこの計画が実行できるかはまだわかりません。ドコモに難癖をつけられてしまう可能性もありえます。
 
えい「今の契約からXiパケホーダイ for iPhoneを外すことはできますか?」
 
店員「はい、大丈夫ですよ。」
 
えい「そうですか。(あー、よかった。)3月中にきて今月いっぱいで解約というのも大丈夫ですか?」
 
店員「はい、大丈夫です。ただし・・・」
 
えい「(やっぱりなんかあるのか!?)」
 
店員「SPモードは予約しての解約はできません。ですので月末に手続きをすることをお勧めします。」
 
えい「SPモード解約しないとパケット漏れがあると・・・。」
 
店員「莫大な金額になる可能性があります。」
 
えい「わかりました。ありがとうございます。」
 
というわけで理由はよくわかりませんが、SPモードも外すのであれば3月31日に手続きに行くのがよさそうです。
 
そして4月1日か2日にMNP
だんだん計画が煮詰まってきました!