お父さんが突然走りはじめた

突然走りはじめたお父さんがサブスリーを達成し、更に速く走るために日々練習中。

【その1】2019 柴又100Kレースレポート【0km~50km】

f:id:eizack:20190523233450j:plain

【0km~10km】
24’08”→24’48

号砲と同時にスタート。

いきなりここでフルマラソンとの違いが。

スタート後の勢いが全くない(笑)

100kmのスタートは静かに始まりました。優勝した選手でもキロ4を少し切るくらい。

 

自分はまずキロ5分のペースを探します。

が、レース本番の高揚やレースシューズ、レースウェアということもあり、想定より速いペースになってしまいます。概ね4’50”での巡行。マズいなーと思いつつもとりあえずはそのまま進みます。

前方にはYouTuberのSUIさん。パスするときにYouTubeみてますよーとご挨拶。体幹がしっかりした走りをしていて、たぶんサブスリーももうすぐできるんじゃないかなという印象でした。


【柴又100k】100kmを10時間以内で走れるのか!? まずはサブ10 年間グランドスラムへの道#1

サブ10達成されましたね。2度目のようですがおめでとうございます。

さて柴又100K、朝早いにもかかわらず沿道からはたくさんの応援をもらえます。沿道の応援にはできるだけ返事をして声を出すようにします。

そして今回ほぼ2.5km毎にあるエイドでは必ず給水を取りました。この時点では日差しもない快適な状況でしたが、後述するようにそれでも脱水に陥りました。やはりこの時期の長距離走は水分補給が大事です。

腕を振らず、出来るだけ摺り足での省エネ走法を意識しながら10kmを通過。まだまだ序盤です。

【11km~20km】
24’47”→24’55”

このあたりでTwitterのフォロワーさん、もばいるにゃんこさんに交わされます。彼はナンバーを公開していたのでこちらからお声がけ。去年のフィニッシャーTシャツを着ており、サブ9のタイムが光ります。

さらに前方に黄色いぐわぁT。関東で見ることはあまりないのでお声がけをすると、「えいさんですか?ブログ見てます!なーくんといいます!KANA先生のヨガに出たんです!」

この日最後まで共闘するなーくんとの出会いでした。サブ10狙いだけどキロ5ペースを刻んでおり、もっと早くゴールできそうな雰囲気。いろいろと話をしながら並走します。そのあとは少しだけ自分が先行していきます。

そしてこの頃から日差しがキツくなる。曇り予報だったけど、やはり柴又、お天道様の攻撃が始まりました。

15kmくらいでみどるさんに追いつかれます。トイレに行っていて少し遅れていたとのこと。ここからみどるさんと並走。みどるさんは自分より圧倒的に速いランナーですが、やはりウルトラは別物。キロ4’50”くらいのペースで淡々と走っていきます。付いていくには少し速いかな~と思いながら、徐々に後ろに下がっていきます。

20km手前の給水所、ここでトイレにピットイン。1分程度のロスです。(公式タイムだと20㎞~25kmに計上されている気がしますが・・・。)

トイレ後もしっかり給水してリスタート。すぐに20km到達です。

【21km~30km】
26’08”→24’’34”

この区間は淡々とキロ5を刻む旅路。給水の度に水かスポーツドリンクを1杯。これの繰り返しでした。

途中で黄色いアフロが見える。むらさんだ!と気づいたけど、この時U-KOママさんと並走しており、カメラはそちらに(笑)

でもそのあとすぐ気づいてくれ、復路はがっちり撮影してもらいました。次のエントリーで掲載します。

28km地点ではアミノバイタルエイド。赤のアミノショットは初めて飲みました。

f:id:eizack:20190523224142p:plain

かなり薬感が強い。あまり好みではない味。でも少し疲れてきた身体に刺激が入りました。

【31km~40km】
25’15”→25’35”

この区間も淡々と進みます。日差しは相変わらず強いけど、追い風にのって気持ちよく走ることが出来ています。そう、追い風

ちなみに柴又100Kは主に河川敷を走りますが、土手の上部と下部を何度か上り下りします。この上り下りの坂、東京側はアルファベットのZを描くように一旦反対向きに下ります。その時にかなりの向かい風だったので、後半戦はキツいことになるだろうなとこの時点で感じていました。

遠くにみどるさんが見えてきました。おかしいなと思いながらも今まで通りキロ5を刻んでいくと、ほんの少しずつ背中が大きくなってきます。

そして38kmの杉戸町エイドに向かうために江戸川沿いを一旦離れます。ここでは酢飯おにぎり、梅干しを補給。さらに腕にかけ水。だんだんと気温上昇に伴い体温も上がってきました。

この時点でみどるさんとの差は10mくらい。40km直前で追いつき、一緒に40kmのマットを踏みました。

【41km~50km】
25’44”→29’28”

聞くと脚が攣ってしまったとのこと。かなりつらそうな表情。やはりキロ5分を超えるペースになっています。申し訳ないけど先に行かせてもらうことに。

42kmの通過は3時間32分くらい。トイレと給水を考えるとほぼキロ5ペースで進んできました。でもまだ半分も走っていません。それでも少し足が疲れてきており、エイドの度に少しだけ脚を止めてストレッチをするようにしました。

ここら辺でトイレの間に交わされたなーくんを追い越します。

45kmを過ぎたところで五霞町に入り、江戸川沿いを離れます。歩道をはしり48kmの「五霞町ひばりの里」レストステーション(大エイド)に向かいます。

46kmくらいでTwitterでつながっている福岡ランナーのまぁさんとスライド。速い。面識はないけどエールを送らせてもらいました。

さらに大エイドに入る直前、ちょうど出てきたアサヤンさんとスライド。声をかけていただき、元気をもらいます。

そして大エイドにイン。ドロップバッグをもらうものの、あまり甘いものを食べる気に慣れず、「えいようかん」も食べませんでした。着替えもせず。ただし一度もらっておかないと最終ランナーが大エイドを超えるまでドロップバッグをスタート地点に持ってきてもらえないので、やむなく一度受け取りました。

ここでは冷たいうどんで炭水化物と塩分、塩をがっつり付けたキュウリでミネラル、水分をたっぷり補給しました。

ただし座り込んだりはせずにレースの意識は切らさないようにします。それでも4分近くは滞在したようです。この間にまたもなーくんに追い越されます(笑)

大エイドを出たところでSUIさんとスライド。声をかけてこちらも気合を入れます。江戸川とは反対側に向かい五霞町の住宅街を走っていくと50km地点。

ようやくハーフ通過です。4時間15分28秒。サブ9には30分弱の貯金。

しかしここからウルトラマラソンの本当の怖さを実感することになるのです。

f:id:eizack:20190523232825j:plain

続きます。 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村